群馬県前橋市の不動産売買は『前橋住まいる』のアートタウン、仲介手数料最大無料、空き家・空地、相続相談、売却査定、新築住宅、中古住宅、土地、マンションなど不動産の事なら何でもお気軽にご相談ください!

群馬県前橋市文京町一丁目40番15号

不動産いつが売り時なのか!?

公開日:

更新日:2019/01/03

カテゴリー: 社長日記


こんにちは。
今日は消費税増税の事を書いてみたいと思います。

知っている人も多いとは思いますが今年の10月から消費税が10%に上がります。
上がる事はみなさん知っていると思いますが、不動産の売買を考えた場合に、どの時期がオススメなのかを考えてみたいと思います。

土地を購入する事を考えているお客様は、土地を買ったあとにマイホーム(家)を建築する訳ですが…
家の消費税は建築過程のどの段階で変わるのか。これが大切です。

建物は建築して、完成して、代金の支払いを建築会社にする段階で消費税が上がっていると10%で支払わなければいけないんです。
という事は、8月とか9月になって建物の契約を交わしたお客さんは1ヶ月か2ヶ月くらいでは家が完成しませんので、すでに10%で支払わないといけない計算になります。
もちろん建築に要する期間は各建築会社さんによっても変わってくる訳です。

で、今年の3月までに建物の請負契約をすると、建物の建築が伸びて10月を過ぎてしまっても消費税が上がらずに購入できる。とい計算になるんです。
だから今の時期は土地がたくさん売れる訳ですよね。
逆に言えば、4月以降は土地の売買は少なくなる傾向がある訳です。

もう1つ、建売はどうでしょう?
建売の場合には10月前に売却できる計算の土地を建売建築会社はどんどん仕入れしたい訳です。
という事は、今の時期はたくさん仕入れする時期とも言えます。

逆に言えば、そろそろ10月前に完成して売却できる期間には間に合わなくなってきます。
そうなってきますと、なかなか建売建築会社の仕入れは少し抑えてくる(数を減らしてくる)という計算になりますよね?

と、考えますと
今、土地をもっていて『いつかは売却も考えよう』と思っている所有者さんの場合
タイミングを逃すと手放せるチャンスが減る。という計算にもなります。

マイホームを購入するお客さんの層が減り、建売建築会社の仕入れが減れば
もちろんですが、物件はたくさんあるけど、買う人が少ない。
という現象が起きますので、価格競争になってきます。
土地の値段は下がると思います。

ということは、出来れば今の時期のどんどん販売活動を始めさせていただいて、売却した方が
売り時に売れる。という事にはなりますよね。
前橋市内で土地の売却をお考えの際は、ぜひ早めにご相談ください。